fgoag

久々の工具編です。

DIYを始めた時、木材は全て
HCでカットして貰っていた
(1カット30円~50円)

かなり正確だし、楽だしね

でも設計の変更による切断や
ちょっと切りたい時が

ほぼ必ず出てくるわけですよ!

ってことでノコギリを買ったのですが
初心者は悩みますよね?

何がいいんだよ?と

プロの人、経験者の人、未経験の人
それぞれ感想も選び方も違うと思う

そこで初心者の俺が!
初心者目線でしか語れない私が!

何を?なぜ買ったのか?

話していきたいと思います


初心者でいきなり電動丸鋸を買おう!

なんて人はまずいないと思う

忍者入門したての奴
「スタイリッシュな手裏剣から入るぜぇ~」

白雲斎的な奴
「まずは刀からだろ!こるぁ」

ってなるのと一緒

・・・

まず
のこぎりで幅広く有名なのが
ゼットソー265シリーズ




最初の1本でいいんじゃまいか?
木材等を切るというだけなら
評判、使い心地、レビュー評価ともに
問題ない

と当時の俺は思ったのだが
その時すでに

まっすぐ切れない

という経験を済ませていた

鋸だけ購入した所で状況は変わらない
真っすぐ切る為の治具(ガイド)が必要

ガイド(治具)も個別で色々販売してるけど
のこぎりもガイドも欲しいって状況だったので

購入した
年々価格上昇しているが・・
jdt@js「

メリット
・直角、左右45度、傾斜45度の角度調整可能
・慣れればHC以上の精度できれる
・簡易CADソフト もでりん付属

すごい正確に切れるかって言うと
微妙だが

かなり正確に切れるのは間違いない
日曜大工レベルなら不満すらない


デメリット
・幅広の切断は若干工夫が必要
・設置にちょい時間がかかる

感想

真っすぐ切れるし、鋸も簡易ソフトも付属
して初心者セットとしては満足

ソフトのもでりんはこんな感じ
スクリーンショット-(57)
自分は設計は手書きなのであんま使わない
ブログに図形貼る為に使ってる感じ

本体はこんな感じで使うんだけど 
gaido1
浮き上がりを防止する為にしっかり押さえなくてはならない


正確に切る為にはF型クランプや台が必要
鋸のブレを無くすためネジを毎回締める

木材のサイズ(薄い、狭い)によっては
ゲタを履かせたり
横に充てたり調整が必要
(1×4材サイズはそのままでOk)

など1回毎にそこそこの準備が必要だけど
そこまで手間でもないので
デメリットという程のモノでもない

ただ本体がそこそこ重みがあるので
何回も落下するとちょっと曲がる

クランプや台を使用してると
落としちゃうことあるけど
曲がったら、もう使えないから注意

鋸について
鋸は替刃が販売されてるので便利なんだけど
至って普通の鋸で良くも悪くもない
鋸は用途目的ごと買うのが正しいんだけど

初心者だからね
これでほとんど出来るので不満はない
けどサブロク合板サイズは
今でもHCでカットしてます
(メンドクサイから)

ちなみにℤソーガイドは数種類あるんだけど

角度調整が自在だとぉ?!



俺は落下で使い物にならなくなったので
次の買い替えはミニを検討

その時に
細かい使い方や工夫方法
比較記事を書きたいと思います



=MEMO=
初心者の俺が使用した
お勧め鋸ていうと
Z ゼットソーIII 265mm
になるけど

初めて買う
真っすぐ切りたい

っていうならやっぱり
ガイドソー(・∀・)つ
になってまうのです

閲覧ありがとです!
 
👇他のDIYERさん達はこちら

  
   にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 
   にほんブログ村   
   
  ではまたッ!